水素水で妊娠しやすい体を目指す!|不妊治療の効果をさらに高めよう

女性

不妊や難産の原因になる

体重計

様々な病気を引き起こす原因である肥満ですが、最近では不妊の原因にもなるということが言われています。女性の場合、肥満であることによって生理不順になる可能性や排卵障害を引き起こす可能性があるのです。脂肪細胞というのは肥大化するものであり、過食や運動不足によって大きくなっていきます。この大きくなった脂肪細胞がアディポネクチンというたんぱく質の分泌を妨げることによって、卵巣の皮が分厚くなるのです。卵巣の皮が分厚くなることで何が起こるかというと、卵子が卵巣の中でうまく育たなかったり卵子を排出しにくくなったりということが起こります。そのため、排卵障害の原因として肥満が考えられるようになったのです。また、生理不順も不妊の原因となると言われていますし、妊娠できたとしても肥満であることで難産となる可能性があるでしょう。妊娠しやすい体にすることや母子ともに健康な状態で出産を終えるためには、まず肥満を解消することが必要なのです。このことがわかってから、大阪で婦人科のあるクリニックでは、ダイエット外来を設けるというところが増えつつあります。大阪のダイエット外来では、現在の体の状態や肥満の原因を知ることから始まるプログラムがほとんどです。ダイエット外来でのプログラムは、医師の指導のもとで行われるものですので、健康的に適正な体重を目指せるというのが大きな魅力でしょう。また、大阪のダイエット外来では体重を落とすためのセッションだけでなくリバウンド防止のためのセッションも行なうので、リバウンドを起こしにくいというのもよいポイントです。ただし、大阪の婦人科であればどこでもダイエット外来を設けているわけではありませんので、事前に確認しておくようにしましょう。